性ホルモンと体毛について

体毛の中でも髪の毛については男性ホルモンや女性ホルモンの影響がとても大きいことは特に知られていることだと思います。

 

髪の毛だけについていうことになるのですが、男性ホルモンが多く分泌されると髪の毛が薄くなることがわかっています。これはどういうことかというと男性ホルモンの成分にもよることなのです。

 

とはいっても男性には男性ホルモンが多いのはわかっています。それなのに歳を経るごとに薄毛になる人がいると思えば、歳を経ても髪の毛がふさふさという人もいます。

 

これは男性ホルモンの影響だけではないということもいえるのですが、他にも遺伝の問題であったり個人差も大きく影響しているということはいえると思います。それでも薄毛の進行を止めようとする場合に男性ホルモンの分泌を抑制することはとても効果があるとされているのです。

 

副作用として男性機能の減退があげられますが、これはどちらをとるかということになるので難しい問題だといえます。また、体毛についてはどうでしょう。ワキについて説明をしていますが、髪の毛とワキ毛を含む体毛ではまったく逆の現象が起きているのです。

 

というのも男性ホルモンが多いと体毛は濃くなる傾向にあります。男性ホルモンが多いと髪の毛が薄くなるのとはまったく逆の現象が起きているということがとても興味深いですね。

 

男性でも髪の毛は薄いのに全身毛むくじゃらという人はまさにこれがあてはまっているということなのです。

 

京都の脱毛エステNo.1