ワキ毛には体を守る働きがある?

人は進化の過程の中で「守る」ということを主眼においていたといえます。それは決して攻めるためのものではなかったのです。

 

普通に考えてみると外部からの要因で体が冷えるのを防ぐためであったら体を覆う体毛が発達していなければなります。しかし、人は進化の過程の中で極力体毛を除いてしまう方法ととってきたのです。

 

人は体毛で体を覆うことで体を守るよりも、体毛を捨てることでその代りに衣服の着用をすることで体を冷えから守ってきたといえるのです。これは専門家の間では明らかな退化であるという人もいます。

 

その一方で進化の過程の中で体毛を必要十分な量にまですることは理にかなっているという意見もあるのです。人はどちらの方法をとったのかは現在の私たちを見てみると一目瞭然といえるでしょう。

 

また、身体的な能力は明らかに退化しているというのは私たちが見てもわかります。このように考えると人は、退化を進化を繰り返して現在に至っているのがよくわかるのです。

 

そのように考えるとワキ毛は女性にとっては無用の長物であるはずなのですがそこにはやはり何か進化、あるいは退化の過程の中で残さなくてはいけない理由があったのです。

 

それはワキを守るという一言で片づけてもいいといえるでしょう。実はワキには人体の中でも急所が点在している部分でもあるのです。

 

そういった意味ではワキ毛は生やしてこそ望ましい姿であるといえるのです。しかし、それは男性のだけ当てはまることのようです。

 

京都の脱毛エステNo.1