こんなにスゴイ!!永久脱毛

永久脱毛という言葉が脱毛という世界の中で踊っているようにも見えます。

 

永久脱毛という意味をそのまま捉えるなら、脱毛をすると二度とそこから体毛が生えてこないということになるのです。しかしそれは本当にありえるのでしょうか。体毛は毛根から生えてきます。

 

毛根の中には体毛を育てる細胞が活動しています。ですから永久脱毛というのは毛根とその中の細胞の働きを完全にシャットアウトするということになるのです。

 

実際には毛根を閉じてしまえば細胞がいくら活動をしてもそこから体毛が生えてくることはないという理屈になります。そしてよくいわれる、永久脱毛はその言葉とイコールなのがレーザー脱毛なのです。

 

レーザーの照射で毛根を閉ざすことが可能となります。しかも完全に閉ざすことになるのですからそれがイコール永久脱毛ということになるのです。

 

レーザー脱毛で照射されるレーザーは毛根の中にある黒い部分に反応してレーザーが当たるようになっています。その黒い部分がメラニン色素というのですが、それに当たりその出所である毛根を閉ざすということになるのです。

 

巷で永久脱毛という言葉がよく飛び交っているようですが、実際に永久脱毛という言葉を語ってもいいのは現状ではレーザー脱毛だけといってもいいのです。

 

ですから、永久脱毛はイコールレーザー脱毛ということで、レーザー脱毛は医療機関でしか受けることでできないのは、現時点での決まりとなっているのです。

 

京都の脱毛エステNo.1