わき毛は皮膚の保護するためのもの?

体毛の働きは体の保護にあることを書いてきました。まずは皮膚の保護ということになるのですが、これが体の保護につながっているのです。

 

そして毛は毛根から生えているのですが、毛根には別に汗腺が通っていてここから汗が出ることによって体温調節を行っていることは多くの人が知っていることでしょう。

 

当然のことですが、皮膚があるからこそ人体として成り立っていることは自分の体を見ても一目瞭然だと思います。当たり前すぎてそこまで考える必要もないということもいえるのですが、視点を変えてまじまじと眺めてみるとなるほどと思えるから不思議ですね。

 

そのような重要な役割をしている皮膚なのですが一方でとてもデリケートでもあります。特に男性よりも女性のほうが顕著で、まずは皮膚の弱さをあげることができるでしょう。

 

たとえばカミソリをあてただけでアレルギー症状が出る人がいます。これが金属アレルギーというものなのですが、湿疹が出るなどの症状が出る場合はカミソリを使うことはあきらめたほうがいいでしょう。

 

その場合は毛抜きになるのですが毛抜きも金属で出来ていますから金属アレルギーの人は注意が必要なのはいうまでもありません。幸運にも金属アレルギーの出ない人でもカミソリで脱毛をした場合にカミソリ負けを気をつけたほうがいいでしょう。

 

そのようなことをワキ脱毛をする際には十分に注意をしたほうがいいのはいうまでもありませんし、気をつけなくてはいけないのです。

 

京都の脱毛エステNo.1