ワキと臭いのメカニズム

ワキ毛という言葉は女性にとっては昔から忌み嫌われてきた言葉ではないでしょうか。

 

女性ではワキ毛を生やしている人はほとんどいないといってもいいでしょうから、ワキ毛が生え揃った状態というのは想像がなかなかできないかもしれません。それでは男性ではどうでしょうか。夏の暑い時期はワキ毛が生えていると蒸れますし汗がかきやすくなります。

 

男性の場合、体臭がきついというのはこのワキの臭いが原因になっている場合が多いです。稼働部分であり、常に動いている部分がワキですから、汗をかきやすいということは言えると思います。

 

よくワキ汗が出るのもこのせいであることは間違いないのです。そのようなワキ毛なのですが、このような臭いのきつさは昔からワキガと言われてきました。

 

これはワキ毛処理をしている女性にも多い症状でワキガ考えるときにはワキ毛の存在はそれほど関係がないのではないかということも考えられますね。このようなことからもワキという場所は熱がこもりやすく汗がかきやすいということがわかると思います。

 

ワキ毛の存在は関係なく臭うということもあるのですが、ワキ毛をなくしたほうが臭いが軽減されることも当然のことですので、やはりワキ毛を処理するということは大切なこととなるのです。

 

そのようなことからもワキ脱毛ということは特に女性にとっては大事なことであり、自分でワキゲ処理をするにしても脱毛エステなどで処理をするにしても大事なことであるのはいうまでもありません。

 

京都の脱毛エステNo.1